きくちふるさと水源交流館は合宿や研修などの施設利用も可能です。

第4期 実績 Achievements

2007年度 実績

(1)地域活性化事業 
 ~いつでも誰でも関われる、参加できる、働ける体制ができたどぉ~
■岩下神楽伝承事業 「きらり神楽教室」 4年目
期間:平成19年 8月~10月 計13回 
協力:岩下神楽保存会、水源小学校
■水源子どもの広場  3年目 
 週末土曜日に体験プログラムを提供。期日:毎週土曜日 13:00~17:00 
内容:遊び、春一番子ども市、ハロウィン、クリスマス会等
■ふるさと食の樂校 
 1/20 「食と資源」本田節 
 2/10-11「食と遊び」森千鶴子、千葉しのぶ
■ 人形劇団ひとみ座 
  「あやうし ズッコケ探検隊」公演、人形劇ワークショップ 
 協力:水源小PTA、青少年健全育成会議
■加工部 視察研修・・・食農活動推進がテーマ
■水源郷土学 「ふるさと樂校」
 暮らし・歴史・風土・ツーリズム

(2)都市農村交流事業 
~学校が“樂校”になりました。さぁ、自然の中へ  「交流」から「対流」へ~
■おいしい村づくり~親子で過ごす山里の四季~ 5年目
 食農・自然体験。菊池水源を舞台に、きらりびとが指導し、細永区の棚田で昔ながらのお米づくりを中心とした1年間プログラム
期間:平成19年1月~12月 
■水源郷土食会、水源食話会
■郷土料理講習会、食の文化祭
 水源の、菊池の、九州の家庭料理大集合 テーマ:「郷土料理」「弁当」
 校区婦人部を中心に菊池市に広がり、85皿170人が集まった。
■フードツーリズム 
 おばあちゃんの修学旅行16名 韓国 全羅南道 南海/谷城
■韓国⇒熊本型グリーンツーリズム・コーディネート 
 韓国・全国農業技術者協会、韓国・舒川農民大学
■トヨタ自動車Gazoo mura ~カーナビがマチとムラをつなぐ~
 説明会 10/1 ブログ開始 Gazoo mura 九州キックオフ懇親会
■ap bank fes 07 飲食ブース、竹ワークショップ、融資先ブース 出展
7/13~15 台風⇒中止 7/16 開催 1200食完売、竹細工好評
■くまもと若チャレ!ワークキャンプ2007 1泊2日の農業ボランティア
■新規就農者受入支援 
 9月~毎月1回会議 菊池農高、ファームきくち、コッコファーム等

(3)自然体験活動支援事業 
~帰ってからも頑張ろう、と思えたことが この里がくれた一番の思い出だった~
■水源子ども村2007 3年目 
 テーマ:「宝探し」「自然体験」「友達」
 子どもが親元を離れ5泊6日、自然の中で生活。体験や遊びを通して、仲間や暮らしの大切さを学びます。 
内容:鞍岳登山、料理づくり、川遊び、お菓子づくり、テント泊
■おいしい村づくりアンコール劇場 
 2月 ソーセージ、燻製づくり 3月 豆腐づくり 5月 梅酒づくり 9月 栗拾い
■指導者養成講座 きらりびと/あにま講座
■水源あそび村 ~若者の若者による若者のためのあそび場づくり~
■自然農業体験活動のコーディネート 
内容:そうめん流し、竹細工、石窯ピザ焼き、川遊び等
熊本大医学部、フリーハンズ、健康くまもと21、菊池南中、菊池北中、隈府小、泗水小、菊池北小、南が丘小、楡木小、宇土鶴城中、翔陽高校、合志子ども劇場、こばと保育園、双葉幼稚園、植木こどもの城、今区子ども会、語学童夢、韓国農業技術者協会、NICE、農協観光

(4)自然環境保全事業 
~森を守り、森をつくる 「私は、私にできることをしているだけばい!」 ~
 ■水源ボランティアホリデー制度(2週間以上) 
 5月~開始、5名適用
■裏山竹林整備 石窯整備
■青年森林協力隊  
 菊池農業高校生 協力:水源林研グループ
■ふるさと森の樂校
1月 竹林整備、焚き火、竹馬づくり、鶏絞め
2月 ペンダントづくり、かまどづくり
5月  石窯・小屋づくり 
12月 裏山拠点整備 
■森の幼稚園ごっこ 
 幼児を持つ親中心に実行委員会を結成準備中
(5)施設管理受託事業 
■指定管理費 年間1821.5万円
きくちふるさと水源交流館の管理運営受託(菊池市)
■運営体制 
 支配人:遠藤慎二(1/1-3/31)支配人代行:岩崎良美(4/1-)
 職員:小林和彦、宮原美佐子、小鷹広之、溝口政幸、茂藤さおり
 厨房パート:女性部
 管理業務 清掃:小林孝子、鍵管理:岩永晃
・各区が毎月末に管理清掃作業を実施
・2月 理科室調理室 片付け、解体  
・5月 駐輪場整備

■利用状況 1/4営業開始 毎週水曜日休館
宿泊者総数 1850名(目標比137%) 来館者総数 27263名
半額割引:KABモニター、地域モニター(1~3月)

その他の事業  
(6)-1農産物加工品販売 
 ■加工所商品開発⇒Bon Rapas販売、厨房卸、物産館販売
茹でタケノコ、切干し大根、高菜漬け、ゆずジャム、大根味噌漬け、
酢ごぼう、イチゴジャム、瓜味噌漬け、らっきょう漬け、梅干し等
成果)都市間交流の会、ステビア梨オーナーを始め、郷土料理が大好評
   Bon Repas販売開始、厨房卸しを始めて、加工部活動が軌道に
課題)弁当開発、インターネット販売
(6)-2厨房/食堂開設 
 ■食堂と加工所が連携、四季彩々・多様なメニュー
・宿泊者メニュー(昼夕800円、朝600円)
・週末限定メニュー 500円金曜夕~日曜夕
・宴会 お一人1000円~*酒類は持ち込み
・仕出し(弁当500円~、鉢盛り3000円~)
結果)   地域利用数=外部利用数、
地域の好み(会席料理)>外部の好み(郷土料理)
成果)メニュー定着により、仕入れ安定、提供時間短縮、リピーター増
課題)地産地消率、長期滞在対応、溝口氏頼み、パート雇用、平日利用

(7)組織/財政 
理事長:岩崎良美
副理事長:元村正剛、三木陽子館長:平山直継
■年度総会 1/31  
■三役会 月1回実施、4/8 (新旧)
■理事会  1/21, 3/8(新旧), 5/17, 7/19, 9/27, 11/20
■監査 1/24  H18年度 中間監査 9/15
■マイスター会議 3/22, 3/29 , 6/10
■融資 3/31 ap bank 融資額 300万円返還 
■職員研修:テーマ別(施設運営、食農教育、都市山村交流、廃校活用)

(8)営業/広報 
■視察研修受入・・廃校活用・グリーンツーリズム先進地視察
1/20 玉名市鍋地区 
1/27-28 Be Good Café 総会
3/7 韓国・清原郡 
3/18 あさぎり町
3/30 福岡市西区金武地区 
6/18 高千穂町 
7/7 市政を考える女性の会
7/20 佐賀県三神女性グルーフ、7/26高千穂町五ヶ所地区
9/18 風の原っぱ
10/25-26 鹿児島県錦江町、10/28-29 グリーンウッド
11/1  まちむら交流きこう
12/7 鹿児島林研
12/18熊本県地域政策課
(株)地域計画研究所

■ネットワーク
1/17 首都圏の集い 
3/14オーライニッポン全国大会
3/18 杷木フェス
4/19-20 九州自然学校フォーラム
6/9 Be Good Café Kumamoto
火の国未来づくりネットワーク総会
6/22 熊本ツーリズム・コンソーシアム 
7/5 こどもあーと年度総会
7/3 菊池市GT推進会議
8/22 食育推進熊本県民大会
11/4 熊本型ツーリズムシンポジウム 

■広報ツール
・施設パンフレット完成2種(5/3 5つ折10000部、3つ折20000部)
・のぼり旗 3種(カラー、青、ピンク 各50枚)
・ホームページ改訂
・ブログ ヒット数27700(1/4 23663~1/4 51363)←18000(2006年)
・Gazoo mura ブログ新設

■取材 掲載
テレビ KKTテレビタミン(3/2-5⇒3/28 おばあちゃんの修学旅行 16分) 
KKTテレビタミン(5/26⇒6/5  環境にやさしい村)
ラジオ FMくまもと ミュージック・ツーリズム(7/20,27)
FMふくおか (5/10)
新聞 熊本日日新聞 
   熊日すぱいす 7/14号
読売新聞 
   農協共済新聞
雑誌 増刊現代農業 2月号「脱格差社会」5月号「農的共生社会」
  Ap bank fes 07 公式パンフ、Power Ball Vol.5 、ソトコト8月号
JAきくち広報誌、青少年Webマガジン
■事例発表
1/16-18 青少年体験活動全国フォーラム(東京都渋谷区)【小林、柳田朱】
2/3-4 グリーンウッド自然体験教育センター(長野県泰阜村)【小林】
2/17 菊池市教育委員会「生涯学習フェスティバル」(菊池市)【小林】
2/20菊池教育事務所「地域教育力活性化推進会議」(菊池市)【柳田】
6/29 JAきくち 農村女性部 総会(菊池市)【小林、茂藤】
11/23-24 懐かしい未来 ヘレナ招聘イベント(東京都渋谷区) 【小林】
11/27 農林水産省 農村政策課 (東京都千代田区)【小林】
11/28 国土交通省 「第3回瑞穂の会」(東京都千代田区)【小林】
12/1-2 子育て文化協同全国交流会 (大分県由布市)【小林】
12/2 火の国未来づくりネットワーク(熊本県熊本市)【小鷹】
■講演  6/3 熊本大学教育学部就職オリエン合宿 【小林】
11/28 国士舘大学 21世紀アジア学部 【小林】

10大ニュース

■第10位■
 人形劇団ひとみ座公演「あやうし!ズッコケ探検隊」を菊池市文化会館で共催。   300人を超える観客が集まり、楽しんだ。公演前にだご汁とおにぎりが振る舞われた。
■第9位■
 ニート・フリーターの若者自立支援に向けた取り組み、1泊2日の「くまもと若者チャレンジ・ワークキャンプ2007」を受け入れた。
■第8位■
 「水源ボランティアホリデー制度」が5月より開始され、東京・千葉・京都・大阪から若者がきて、子ども活動支援・農林業ボランティア・交流館運営・施設整備などの活動をサポートした。
■第7位■
 新規就農受入支援、グリーンツーリズム推進会議の発足、地域づくり団体等連絡会議が始まり、菊池市との協働や市全域の個人・団体・企業に取り組みが広がり始めた。
■第6位■
 熊本日日新聞「求森力」欄に職員が連続して掲載された。その他、イベント取材や特集記事が組まれ、1ヶ月で12件の記事掲載がされた。3月、6月とKKT(熊本県民テレビ)放映。
■第5位■
 3月のおばあちゃんの修学旅行@韓国で始まった韓国・全国農業技術者協会と韓国ユネスコ協会連盟との対流が大きな広がりを見せた。
■第4位■
 小林武史、Mr.Children:桜井和寿、坂本龍一が取り組むap bank主催の『ap bank fes 07』に融資先として飲食ブースと竹ワークショップを出展。
■第3位■
 「Gazoo mura」始動。トヨタ自動車のブログでマチとムラをつなげるプロジェクトにブロガーとして参加。12月に九州各地から集い、交流を行った。
■第2位■ 
 裏山の竹林整備が進み、ピザ窯・かまど・ティピィが整備された。地産地消推進や体験活動が広がった。
■第1位■
 「水源交流館」リニューアル・オープン。体験交流施設として、1850名の宿泊客、27263名の来館者など多くの皆さんにご利用いただいた。
パンフレットやのぼり旗の効果も徐々にでてきた。

■番外編■
 ;水源小学校、菊池東中学校、菊池女子高校卒業の地元出身の常勤職員:茂藤さおりさんが、受付職員として、6月から採用された。