きくちふるさと水源交流館は合宿や研修などの施設利用も可能です。

交流館について ABOUT KORYUKAN

水源交流館について

01きくちふるさと水源交流館は、菊池東中学校の跡地を活用したまちづくりとグリーンツーリズムの拠点施設です。 
3,616名の 卒業生を送り出した東中も、平成12年3月、生徒数の減少により廃校となりました。

地域の心のよりどころでもあった思い出深いこの校舎を何とか保存し、地 域の活性化のため有効活用しようと住民が中心になり協議を重ね、平成15年から子ども農業体験の活動を中心にすえ、活用をすすめてきました。

その後南側研修棟の改修も行われ、平成16年「きくちふるさと水源交流館」 として開館しました。現在、地元住民によるNPO法人「きらり水源村」が菊池市 より指定管理者として委託を受け運営し ています。

菊池渓谷のすぐ近くにあるこの地域は、むかしから『水源』と呼ばれてきました。清流のかもしだす山郷の雰囲気を満喫し、木造校舎のなつかしい空気にふれ、たくさんの思い出をつくってください。みなさまのご来館、ご利用をお待ちしております。

施設内マップ

施設マップ

パンフレット

パンフレット表面  きくちふるさと水源交流館 パンフレット 表面
(PDF ファイルをダウンロードしてください)

パンフレット 中面  きくちふるさと水源交流館 パンフレット 中面
(PDF ファイルをダウンロードしてください)

トピックス

表紙 学校が樂校になりました。
     さぁ、自然の中へ。

 
人と自然、そして暮らしを結ぶ。
     「きくちふるさと水源交流館」
 
 
都市に住む人々が農山村に滞在し、自然とのふれあいや地域の方々との交流を楽しむことを目的に、廃校となった水源中学校の校舎を増改築し、新たな交流施設として交流館が誕生しました。
 自然の中での遊びや体験を通じて、農山村の豊かさを実感していただけます。
【ぐり石運びの様子 実在の人物をモチーフに描かれた】
ぐり石運び
  【以下、閉校記念誌ヨリ】
 角染めの手ぬぐいで鉢巻きをして、右手には青竹の棒を持った人が、ゆるやかな調子で「石は川原に、坊主は寺に」と、音頭が始まれば、綱を持ってる大勢の人が、「ヨイヨイ」と力強い掛け声をして綱を引く、櫓の中の生の松の木が高く引き上げられては落ちてくる。
 敷き詰められたグリ石が、その重みで突き詰められていく、戦後間もない時代で今のような建設機器はなく、村役場、村民、青年団、先生、生徒が総出で菊池川からグリ石を拾い集め、地突きをする。
 村有林から良か材を伐り出し、村で確保できるものはすべて調達し、村民一丸となって、「おらが村の中学校を建設する」という熱い思いを胸に、共に汗を流し、共に喜びを分かち合って出来上がった校舎。
【第二期改修工事の模様】
工事中
  「礼をつくすや ねんごろに 責をはたすや おごそかに いそしむ心 相和して 進むに自主の 道あれば 文化新たに かおるかな」 何度も歌い続けた校歌。その精神、先人に対する尊敬や畏怖の念、校舎に対する愛着は閉校したとしても変わることはない。「古いから壊す、子どもがいなくなったから壊す、そういう価値観じゃないものをここから発信できるのでは、、。」という古老の言葉に代表されるように、校舎の老朽化は進みつつも、現存校舎のままのなんとか有効活用できないか、地域の区長を中心とした「旧菊池東中学校跡地利用促進協議会」が立ち上がり、5年間の長きにわたってワークショップの開催や先進地視察を重ね、協議と実践をゆるやかに進めてゆく。
 平成16年10月の解散まで、延べ校区144名(平成12~14年24名×3ヵ年、平成15-16年36名×2ヵ年)の区長・役員の跡地活用に向けた努力が実る。

施設概要

1.きくちふるさと水源交流館とは・・・ (経緯)
○2000年3月に旧菊池市立菊池東中学校が廃校
  地元住民・・・伝統と歴史のある校舎を何とか残したいという希望と維持管理や
   補修を集落の住民で負担し続けることは難しいという課題の狭間にあった。
  菊池市・・・・グリーンツーリズム体験施設としての活用について、NPO法人
   九州沖縄子ども文化芸術協会へ業務委託し検討を行った。
○旧校舎を“きくちふるさと水源交流館”としてグリーンツーリズムの拠点施設に
  活用していくこととなった。
○きくちふるさと水源交流館の維持管理、グリーンツーリズムの企画運営を行う
  ため、2004年1月“NPO法人きらり水源村”を設立。(水源村・・・当該集落が
  昭和の大合併前は水源村という村名であったことに由来)

  (施設概要)名 称:きくちふるさと水源交流館
管理者:NPO法人きらり水源村
活用内容:グリーンツーリズム拠点施設(宿泊、飲食、グリーンツーリズムに関する体験)

2.きくちふるさと水源交流館の目指すもの【地域外に対して】 (1)グリーンツーリズム拠点施設
     (都市住民が農山村に滞在し、自然や地域の方々と触れ合う)

【地域内に対して】
 (2)地域の食、人との交流を通じて地域文化・伝統を継承
 (3)地域の方々(特に農家の女性)の生き甲斐、社会との関わりの場の提供
 (4)地域の自立・活性化

【活動を継続できているポイント】
(背景、人材)
・地域のコミュニティが存続していた。(各区長など地域の核になる人がいた)
・菊池東中学校の校舎を残すため、
      地元の協議会による議論を行うベースがあった。
・明確な理念(地域活性化等)はなくとも、
     ミッション(校舎の保存等)とそれに向けての計画を持っていた。
・きらり水源村という器に、若い外からの人材を得ることができた。
→誰が何をやるか(まとめ役=区長、実働役=加工部、新たな仕掛けとコー
  ディネート役=きらり水源村)という役割が見える形で進めてきた。
(活動)
・国際交流など、今までの日常生活では得がたい水源村の取組に対する “価値付け”がされてきた。
・活動に参加する人は、「働くこと=生きること=楽しむこと」という価値が成立。
 その価値とは新たな出会い、外の人に喜ばれる(活動の成果が実感できる)、
 親戚と違って適度な距離にある人との共同作業が刺激になる(ボケ防止)等。
 (“金”で価値付けするのは打算的であり、“誇り”や“癒し”のような価値を
  考えていかなければ、息の長い取組にならない。)
・住民を巻き込む仕掛けとして、“きらりびと”と呼ばれる制度を用いている。
 「自分のできること」を登録するもので、現在は約50名登録されている。
  登録者は外から来た人へ「自分のできること」を教える。
    →地域に伝わる技や知恵、文化等を後世に繋ぐ意味でも有効と思われる。
・参加住民の意志を最大限に反映しつつ、新たな仕掛けを用意し、失敗も含め
 ながら活動が行われている。(参加住民が常に新しい印象を受ける工夫)
・一度に大規模な取組を行うのではなく、第1期(南側校舎改築)、第2期(北側
 校舎改築)と少しずつ活動実績を積み重ねてきた。キャパシティーが限られる
 ことで“良質”な客を得ることができる。
 (大量の顧客→悪い客の存在→悪評の垂れ流し→「悪貨が良貨を駆逐する」)
 →参加住民が日常では得られない価値を得られ、新たな方向性を含めながら、
 少しずつ活動が拡大されてきた。