きくちふるさと水源交流館は合宿や研修などの施設利用も可能です。

きらり水源村ブログ BLOG

ふるさと楽校が開校しました!

2010年10月28日 (木) 16:40
10月23、24日
県内の高校生や一般の方、大学生が参加し、
持続可能な地域をデザインする実践型ワークショップ&講座 「ふるさと楽校2010」が行われました

第1回のテーマは、地域の資源をみつけよう ~地元学調査とその手法~ です。

まずは、調査の手法を学びました。
広島県と島根県の県境で地域活性化に取り組むNPOひろしまね 藤槻さんの講話です。

ふるさと楽校

調査には “観察力” が大事 廃校になった教室が活気にあふれる学び舎になりました

少し調査方法がわかったら、実際にフィールドへ
地元の人と一緒に、見過ごされた資源を探します。


ふるさと楽校

今回は、水源地域の3地区を調査しました。

ふるさと楽校

歩いてみると、地元の人たちには当たり前でも、
知らない人にとってはへぇ~って思うことが意外多いんだね

夜は和室で座談のゼミ。↓
講師の方の人生や地域での暮らしについて、お話していただきました。
最初は福岡県から有限会社アイ・ディーの吹上さんのお話です。

ふるさと楽校

次に大分県から竹細工職人の遠藤さんが講話と実演を披露しました。
竹からナタ1本で籠を作る。まさに職人技です。

ふるさと楽校

こんなに芸術的な竹籠ができました

ふるさと楽校

ただの竹も人の手でこんなにスゴイものになるんだね

翌日は、前日の調査をまとめて発表しました。

ふるさと楽校

3つの地区それぞれに、地域の資源を活かした発表が印象的でした。

ふるさと楽校

地元の人たちも、自分たちの地域の資源を見つめなおすいい機会になったかな。。。

次回12月の「ふるさと楽校」では、この地域の資源を活かしたアイデアを考えるよ。
もちろん、いろんな講師の方もやってきますよ。

みなさんもこの楽しい学び舎「ふるさと楽校」で、地域の未来について考えてみませんか?